豊島区・文京区・池袋・大塚のリフォームなら!!豊島区のリフォーム店ライファ大塚

2008年05月20日

マンションのリフォームは自由にできるのか

マンションのリフォームをどこまで自由にできるかはマンションの構造により異なってきます。

マンションで使われる構造は主に「壁構造」と「ラーメン構造」の二つあります。「ラーメン構造」は室内の四隅の柱や梁が出っぱっています。一方「壁構造」は、壁自体でマンション建築物をささえているため、柱や梁がなく、したがって柱や梁が室内に見えていません。

「壁構造」も「ラーメン構造」も構造く体(つまり、柱や構造壁)を変えるといったリフォームはできません。しかし、ラーメン構造については間仕切り壁を取り払うといったマンションリフォームをすることが出来ます。間仕切壁か構造壁かをを見分けるには、壁をたたいてみると軽い音がする(つまりコンクリートでつくられていなくて木組みなどで作られている)ので分かります。いっぽう、「壁構造」の場合は、ほとんどの場合すべての壁が構造壁になっているので、壁を取り外すマンションリフォームは出来ないのです。

マンションの間取り変更をともなうリフォームについては、リフォーム会社など専門家(特にマンションリフォームに強いリフォーム業者)に判断してもらうのが一番いいでしょう。
posted by いっさん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ