豊島区・文京区・池袋・大塚のリフォームなら!!豊島区のリフォーム店ライファ大塚

2014年11月11日

あきらめたら そこで試合終了ですよ…?

先日、バスケ漫画のスラムダンクを読み返しました。

20年ほど前の漫画なんですが、改めて、いい漫画ですねー。

以前にも、ブログで書いたことがありますが、安西先生の

「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」

という言葉が秀逸。



作者の井上雄彦さんは、これまでに小学館漫画賞、メディア芸術祭大賞、

講談社漫画賞、手塚治虫文化賞大賞、メディア芸術祭優秀賞など、

そうそうたる賞を受賞しています。

そして、最近では東本願寺の屏風絵を書いたり、ガウディ展でコラボしたりと、

もう文化人としても活躍されています。

そこまで登り詰めるような方の原点がスラムダンク。

読み返してみると、作者の生き様というか、

そういったものが反映されているんだな、というのがよく分かりました。



登場人物の中でもトップに行く人物の共通点は、

諦めないこと、人以上に努力をしていること、バスケが好きであること。

そして、基礎が大切であるということ。

たぶん、この漫画ではこのことをずっと伝えようとしているのだと思います。

これって、仕事だろうが何だろうが、大切なことですよね。

こんなことを教えてくれる漫画は、娯楽ではなく文学ですね。












リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ
豊島区・文京区の全面リフォーム・スケルトンリフォーム
ライファ大塚 東京都豊島区南大塚3-13-1 フリーダイヤル 0120-39-1794

posted by いっさん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ