豊島区・文京区・池袋・大塚のリフォームなら!!豊島区のリフォーム店ライファ大塚

2012年10月26日

文京区大塚の浴室・洗面脱衣室のリフォーム工事G タイル張り工事

文京区大塚の浴室・洗面脱衣室のリフォーム工事は引き続きタイル張り工事です。

i 280.jpg


上の写真は、タイルを張り終わり、目地を詰めているところです。

この後、濡れたスポンジでふき取ると目地の部分にだけが目地材が残るのです。

こうやって目地は詰めるんですね。



タイルは硬いので、緩衝材の役割をする目地がないと、

ちょっとの地震の揺れでも割れやすくなってしまいます。

また、タイルは焼き物なので(焼く前と焼いた後で大きさが10%以上縮みます)、

どうしても寸法に多少の誤差がでてきます。

その誤差を埋めるために目地で調整するという意味もあります。

昔の人の知恵ですね。











【当社でリフォーム工事をさせていただいたお客様へ】
当社のリフォームで満足していただいたお客様、
お知り合いの方にブログ・ホームページのご紹介をぜひ!お願いします m(_ _)m
 このブログ : http://reform0123.seesaa.net/
 当社ホームページ : http://www.lifa-otsuka.com/index.htm













リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ
posted by いっさん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ