豊島区・文京区・池袋・大塚のリフォームなら!!豊島区のリフォーム店ライファ大塚

2018年12月22日

大塚『キッチンABC』で寺門ジモン考案カレー焼肉チーズ乗せ

本日は、嫁さんがママ友宅でクリスマスパーティのため、

夕飯は外で食べてくるよう指令が出たため、

会社の近くの『キッチンABC』でいただきました。


IMG_9799.JPG 


こちらが、寺門ジモン氏考案のカレー焼肉に

チーズをトッピングしたもの。

このカレー焼肉、「カレー風味の焼肉」というよりは、

「肉が多いカレールー」に近いもので、

もうそれだけで美味しいのですが、

さらにその上にチーズをトッピングすると

コクとまろやかさが出て、まぁ、美味しい。

あれです、カップヌードルのチーズカレー味的なやつです。

なんともジャンキーな食べ物ではありますが、

濃いものを食べたいときにはおススメです (^^)
















【当社でリフォーム工事をさせていただいたお客様へ】
当社のリフォームで満足していただいたお客様、
お知り合いの方にブログ・ホームページのご紹介をぜひ!お願いします m(_ _)m
 このブログ : http://reform0123.seesaa.net/
 当社ホームページ : http://www.lifa-otsuka.com/













リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ
豊島区・文京区の全面リフォーム・スケルトンリフォーム・リノベーション
ライファ大塚 東京都豊島区南大塚3-13-1 フリーダイヤル 0120-39-1794
posted by いっさん at 19:19| Comment(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

既存住宅状況調査技術者資格取得しました

既存住宅状況調査技術者という

難しそうな名前の資格を取得しました。


IMG_9636.JPG


業界団体の説明によると

「宅地建物取引業法の改正により、平成30年4月より、
中古住宅の売買の際に行われる重要事項説明に、
既存住宅状況調査を実施している場合には
その結果について説明することが義務づけられました。
この調査を行うことができるのは、
【既存住宅状況調査技術者】の資格を持つ者のみとなっており、
従来のインスペクターの資格では行うことができません。」

とのことです。

簡単に言えば、中古の家が大丈夫か診断できますよ、

という資格です。


まあ、でも本音で言えば、

こういうのは現時点で目で見える範囲でしか診断できず、

隠れている大切な部分は分からないので、難しいですよね。

雨漏りしている家、傾いている家、シロアリが出ている家、

この辺りは診断を頼むと、修繕する必要があります、

と(なかば簡単に)言われると思いますが、

簡単に直せるものなのかどうかは

実際には壊してみないとなんとも言えないので、

購入は慎重になったほうがいいと思いますね。













【当社でリフォーム工事をさせていただいたお客様へ】
当社のリフォームで満足していただいたお客様、
お知り合いの方にブログ・ホームページのご紹介をぜひ!お願いします m(_ _)m
 このブログ : http://reform0123.seesaa.net/
 当社ホームページ : http://www.lifa-otsuka.com/

















リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ
豊島区・文京区の全面リフォーム・スケルトンリフォーム・リノベーション
ライファ大塚 東京都豊島区南大塚3-13-1 フリーダイヤル 0120-39-1794
posted by いっさん at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

豊島区駒込のマンションリノベーション カッコいい現場はお引き渡し完了

豊島区駒込のマンションリフォームが完成し、

お引き渡しが完了しました。


〇DSC_1316.JPG


メインとなるLDKです。

お客様のお好みに合わせて、

ダークで落ち着いた色使いになっています。

キッチンに合わせて選んだレースのカーテンが

なかなかいいアクセントになっています。






キッチン別角度からの写真。

〇DSC_1275.JPG


大容量の収納がうらやましいです。

リビングから見て左奥にはLIXILの大人気収納、

コーナーキッチンクローゼットを使っています。

背面は2ウェイクローゼット。

LIXILのキッチン収納はかなり考えられて作られているので、

おすすめです。

LIXILキッチン収納詳細はこちら。
https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts12.htm




キッチンからリビング側を見たところがこちら。

〇DSC_1289.JPG


右側が和室になっていて、扉で閉じられます。

扉を閉じたところ。

〇DSC_1287.JPG


リビングの壁面収納は、お客様の要望に応じて、

フルオーダーで製作しました。

オーディオに凝っていらっしゃるので、

アンプやスピーカーの寸法に合わせて製作しています。

壁掛けテレビがつけられるように下地を入れたり、

テレビの背面コードを隠せるように配線経路を確保したり、

かゆい所に手が届く仕様です。

濃いグレーの木目の扉なのですが、

全部それだと重い感じになってしまうので、

カウンターだけはキッチンカウンターと同じ木目のものにして、

少し軽い感じを入れています。

これだけの工夫で、雰囲気がかなり変わるんですよ。





和室。

〇DSC_1342.JPG

小さいお子様が3人いるお宅なので、

子供が安心して遊べるよう、和室を作っています。

和室といっても、ちょっとモダンになるように畳の色を工夫。

ちなみに和紙畳なので、お手入れもしやすいです。

奥の収納はお子様の洋服やおもちゃがしまえるように

可動棚が仕込んであります。


今までのお住まいでは、ご主人様がリビングにいても

お子様が膝に乗ってきたりして、

なかなかくつろげないというお悩みをお持ちでした。

しかし今回のリフォームで、

お子様が和室で遊んでいる様子を見ながら、

ご主人様はリビングで好きな音楽を聴いてくつろぐ、

という理想的な生活が実現できたと喜んでいただけました。

ちなみに、和室でお子さんがDVDをみる事も想定して、

テレビアンテナも配線されています。


いや〜、こういうのが間取りのマジック。

ちょっとした工夫で、生活が変わるんですよね。

親も子供もくつろげれば、お互いイライラしたりがなくなって、

幸せな生活になりますよね。



そうそう、将来的にはこの和室と、その奥の収納、

さらにその奥のウォークインクローゼットをつぶして、

小さい子供部屋二部屋を作れることも

想定した間取りになっています。





浴室。

〇DSC_1116.JPG


家族でお風呂に入れるように、

大きなサイズのユニットバスにしました。

リフォーム前の採寸で寸法がギリギリなのは分かっていましたが、

なんとか大きなお風呂を実現してさしあげたく頑張りました。

(写真だけではその苦労は分からないと思いますが)




洗面脱衣室。

〇DSC_1161.JPG


化粧台本体は全体のインテリアに調和するよう、

ダークな色になっていますが、

暗くなりすぎないよう、他は明るい白でまとめています。

大家族でも対応できるよう、

タオル掛けの本数までお打ち合わせして設置。

お話をお伺いしていると、けっこう、
バスタオル掛けがもっと欲しいというお宅、ありますからね。

洗面化粧台の鏡に映っていますが、

背面には大容量の収納を設置しています。




トイレ。

〇DSC_1353.JPG

こちらもかっこいいですね。

グレーの壁はアクセントと機能性を兼ねたエコカラット。

臭いが全然気にならなくなったと

お客様が驚いていらっしゃいました。



寝室。

〇DSC_1222.JPG

こちらもエコカラットに、壁の一面はアクセントクロス。

落ち着いた部屋になりましたね。




玄関。

〇DSC_1378.JPG

こちらは下駄箱がポイント。

ベビーカーが収納できるような奥行きと

棚の作りにしてあるのです。

ベビーカーが玄関に出ていると、

邪魔ですもんね。

急いで出かけないといけないときに、

玄関が混雑して子供に「ちょっと、邪魔だから早くして!」

なんてことが我が家でもよくありますからね。

そんなことが少しでも減ればいいなと思います。

これも家族が幸せになる、ちょっとした一工夫(^^)



あ、ベビーカー置き場は将来普通の収納として使えるよう、

可動棚を仕込んであります。




ということで、まだまだ書き足りないのですが、

そんな楽しいリノベーション現場でした。

何よりもお客様に喜んでいただけたのが、

嬉しいですね。



posted by いっさん at 10:50| Comment(0) | リフォーム現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リフォーム(豊島区・文京区|東京|)するならライファ大塚へ